授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

学級活動 ゲーム8 言葉当て

🔴学級活動 ゲーム8 言葉当て


◯ある言葉を決めて、その言葉に関係するヒントを出していき、その言葉を当てるゲームです。


◯ペアやグループで問題を考えさせることで、国語力がアップします。


◯どんなヒントを出していくかが、なかなか難しいので言葉の学習にもなります。


◯例えば

第1ヒント「鏡がたくさんあります」


第2ヒント「イスもたくさんあります」


第3ヒント「机はありません」


さてここまでで答えは見つかりましたか?美容院や床屋さんではありません。


第4ヒント「ハンドルがあります」


第5ヒント「人がたくさん乗れます」


ここまで来れば「バス」だと分かりますね。


◯低学年や慣れない間は、第1ヒントからすぐに答えが見つかるヒントを作ってしまいますが、何度もしていると、お見事というヒントを考えられるようになってきます。


◯ゲームだけでなく、各教科の学習でも使えます。問題に答えることと作成することの両方で楽しみながら、力もついてきます。


◯1人でクイズを作るよりもペアやグループでヒントを考えさせた方が協力して楽しい時間になります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ローマ字クイズ 帰りの会

🔴ローマ字クイズ 帰りの会



◯以前の記事で簡単なゲームをして、ハッピーな気分で帰りの会をすることを書きました。



◯その中の一つを紹介します。サヨナラの挨拶の前に黒板に四角をいくつか書いてローマ字をその中に一文字ずつ書いていきます。

◯例えば人の名前だと、◽︎s◽︎n◽︎◽︎at◽︎◽︎と初めは書いておきます。


◯少しずつローマ字を書いていきます。


◯「分かった子は先生の耳に小さな声で言いに来てね〜正解したらサヨナラして帰ろうね〜」と言っておきます。


◯「みんなが知ってる男の子だよ〜」などとヒントを出していきます。

◯「◽︎son◽︎kat◽︎o」ここまで書くと「分かった〜!」とうれしそうに言いに来る子が出てきます。



◯「◽︎sonokatuo」ここまで書くと行列のできてきます。


◯苦手な子もいるので焦らないようにひらがなもふってあげると「分かった〜!磯野カツオ」と大声で叫んで来る子もいて楽しいサヨナラになります。


◯クラスの子の名前をローマ字の問題にすると、その子が主人公となります。

◯その日叱った子、あまり目立たない子、友達とケンカした子の名前をクイズにしています。

◯みんなが自分の名前をささやいている様子をうれしそうに見ています。


◯自分の名前なのになかなか分からない子もいますが、「アッ!」と分かった時には表情がとても良くなります。


◯ニコニコして教えに来てくれます。6年生なら歴史上の人物をクイズにしてもいいし、低学年ならひらがなでしてもいいかと思います。

◯時々やると、楽しくサヨナラができます。



◯気をつけることは、答えが分からない子が取り残されないように、だいたいいっしょにサヨナラができるように配慮することです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

夏休みの宿題

🔴夏休みの宿題


◯学校や学年によって、夏休みの宿題は違うかと思いますが、たいていは1学期の学習内容を市販のワークドリルやプリントを綴じたものを出しているかと思います。


◯市販のワークドリルを購入して、させてもいいかもしれませんが、費用もかかるので保護者の負担が少ないように1学期に使ったプリントを再度印刷して出しています。


◯印刷や綴じたりする作業は、結構時間もかかるので、ワークドリルの購入もいいかと思います。


◯いずれにせよ、答えを渡して、「答え合わせ」まで宿題にしておく方が、2学期始めの仕事の負担が違ってきます。


◯「答え合わせ」も勉強だと指導しておきます。間違っていた所は、消さずに赤鉛筆で横に書いておくことや、分からなかった所もきちんと答えを赤鉛筆で書いておくように伝えておきます。


◯学期末の個人懇談会や学級通信などで宿題の答え合わせの事を保護者にも伝えておくといいですね。



◯口酸っぱく説明していても、間違っているのに丸をつけていることがよくあります。



◯漢字などは、2学期にきちんとチェックすることは必要になってきます。

PVアクセスランキング にほんブログ村