授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

3年生 理科 タンポポの観察

🔴3年生 理科 タンポポの観察


◯3年生の理科には、春の生き物を観察する単元が最初にあります。


◯最初の1時限は、自由にいろんな生き物を探して、観察してもいいかと思います。


◯でも、ほとんどの場合、生き物探しで終わってしまいがちです。教科書に載っているホトケノザやオオイヌノフグリを見つけたら2ポイント、それ以下は1ポイントとしても、アリやトカゲ探しに夢中になって遊んでいます。


◯次の時間には、タンポポの花を分解して、虫めがねで詳しく観察することにしました。


◯一つの花のように見えるタンポポが実はたくさんの花が集まっていることや、綿毛がすでに出来ていることを発見し、少し理科らしい学習になりました。


◯絵を描いたり、一つひとつの花冠をセロテープで貼ったりして、発見したことをノートに書くことが出来ました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

教員の付箋活用法

🔴教員の付箋活用法


①ノートやドリルと間違い直しがあるページには、付箋を貼って返却しています。


◯子どもは前のページだと気づかない場合も多いのです。その都度、やり直しをさせていても、学期の最後に最初からチェックをすると、やり忘れや間違い直しをせずに付箋だらけの子もいます。


②教科書や連絡帳、ノートの今使っているページに付箋を貼らせます。


◯どこのページか分かりにくい子にとって、視覚的にすぐに見つけられるアイテムとなります。


③放課後、大きめの付箋にメモをして、子どもの机に貼っておくと、翌日にするべき残った課題を忘れずにさせることもできます。


④星やハートの形の付箋に友だちの「いい所探し」をして、メッセージを書いて大きな模造紙に貼り付けると、互いの自尊感情も高める活動にも使えます。


⑤国語辞典で調べた言葉にも付箋を貼っていくことで、意欲付けにもつながります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

体育 マットで「救急隊ゲーム」

🔴体育 マットで「救急隊ゲーム」


◯マット運動をする時にできる「救急隊ゲーム」を紹介します。


◯前転など多様な運動をした最後にするといいかと思います。


◯グループ(4〜6人)で一つのマットを使います。


◯1人がマットの上にうつ伏せで寝ます。後のメンバーでマットを引っ張って動かします。


◯頭の方を進行方向にして少し持ち上げ、足の方は床につけたまま引きずっていくと、頭を打つ危険がありません。


◯「ケガ人を大切に救急隊が運んでください」と伝えておくと乱暴な運び方にはなりにくいかと思います。


◯端のラインまできたら、寝る子を交代して運んでいきます。


◯グループ全員が一度運んでもらったら、終了にします。


◯1年生は難しいですが、2年生以上なら出来るかと思います。6年生でもワイワイ言いながら楽しくできるゲームです。


◯運んでいくのは、いい運動にもなります。運ばれる方は少しのスリルを味わえ、まるで遊園地のアトラクションのように楽しんでいました。


*マットが細すぎると落ちて危ないし、大きすぎると重いので、適切なサイズのマットで行なう必要があります。

PVアクセスランキング にほんブログ村