授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

体育 バスケットボール3

🔴体育 バスケットボール3




ゲームができるようになると、得意な子はドリブルをして一人でシュートすることができます。


一方で、試合中に一度もボールに触っていない子が出てきます。


これでは得意でない子は体育の授業がいやになってしまいます。



得意な子も個人技しか上手くなりません。



パスを使うような指導が必要です。



自分たちのプレイを考えさせるためには、ビデオを撮って見せる方法もあります。



他のチームの子にパスを図に記録してもらう方法もあります。



図を見ると一目瞭然です。



チームで考えさせます。



なぜAさんとBさんのパスが多くて、CさんとEさんの間はパスが回ってないのかを考えて、練習をします。



ボールを持っていない子が動いてパスを受ける場所に走ることが大事だと自分たちで気がついて練習します。


以前紹介したように、最初の段階は、シュートした子は、チーム全員がシュートするまでは得点にならないというルールを作るやり方もあります。



でも、こうしたパスの分析を通して、みんなが上達できるように自分たちで考えていくことが大事だと思います。






PVアクセスランキング にほんブログ村

総合学習4 仕事に出会う

🔴総合学習4 仕事に出会う



🔶小学生に将来の夢を聞くとプロ野球選手やケーキ屋さんなど可愛い夢を教えてくれます。


🔶これまで総合学習についていくつか紹介してきましたが、今回は仕事・労働についての取組です。



🔶中学校ではキャリア教育の一環として、総合学習の中で職場体験を実施している所がたくさんあります。


🔶小学校でも、多様な方法でいくつかの学年で行なってきました。


🔴3年生では、「働く人に出会い隊」というテーマで町で働いている人たちから仕事の内容、苦労や喜び、願いについて聴き取りをしていました。


🔶いくつかのコースに分かれて見学、聴き取り、調査とまとめをします。


🔶美容院で、マネキンを使ってパーマをかける体験をさせてもらった事もありました。


🔶ずっと立ちっぱなしでハサミを使うので、足が痛いし、肩もこるから大変だという苦労やお客さんが喜んでくれるとやり甲斐があるという話を聴き取りしてきます。



🔶精肉店を40年以上営まれているおばあちゃんからは、お肉のことだけでなく、昔の街の様子や人生の話を聴き取ってきました。





🔵5年生では、1人〜4人ぐらいの少人数でたくさんの職場に訪問をして見学と聴き取りをします。


🔷銀行、病院、ペットショップ、洋品店、幼稚園、電器店、レストランなど様々な仕事と出会い、働くという事について考えていきます。


🔷様々な職業に出会う事で、大人になって、働く時の選択肢を少しでも増やしてほしいと願っています。


🔷また、職場に訪問することで、勉強することの大切さを働いている人たちの話から学んでいきます。


🔷働いている人に出会うことで、学びの意欲にもつながっていきます。


🔴子どもの頃の夢をおとなになって叶えた子もいました。



⭐️昔、2年生を担任していた時に将来の夢は幼稚園の先生だと言った子がいました。

時が過ぎ、同窓会をした時に嬉しそうに

「先生、私今幼稚園の先生なんです」

と教えてくれました。

「よかったね〜2年生の時に言ってたもんね」

というと、

「えっ〜?先生、そんなこと覚えてるんですか〜?」

「そらそうや、だって君は優しいし、向いてるから頑張りや〜とその頃応援してたでしょ?」

というような会話をすることが出来ました。



⭐️またある子は、「僕は大きくなったら電車の運転手になる」と1学期に言っていました。2学期には、夏休みに自衛隊のショーに連れて行ってもらったので、「将来は自衛隊に入る」と言いました。


そして、3学期。クラスのお別れの時、「僕、先生みたいに学校の先生になりたい」と言ってくれました。


⭐︎夢はどんどん変わっていいのです。



🔴子どもたちの夢の実現のために、私たち教育現場に携わるものが、いろんな選択肢があることを伝え、可能性を広げる努力を続けることが大切だと思います。



PVアクセスランキング にほんブログ村

理科 大地のつくり 地層

理科 大地のつくり 地層の学習


この単元は、実験や観察がなかなか難しいのです。近くに地層が見える所がなくて、映像で学習することが多いなります。


また、実験も砂や土を流して堆積していく様子を観察する実験ぐらいしかありません。


私がこの単元でやってみた実験を紹介します。


色粘土を買ってきて、薄く平らにして、いろんな色の粘土を積み重ねて層にします。


横からは何色か見えないようにします。


グループごとにその色粘土を渡します。


ストローをさして、抜くと、表面から底まで、どのようになっているのかを調べる事が出来ます。


実際の地層調査の「ボーリング調査」の見本が理科室にあれば、それと比較しながら考えるわけです。



中にごま粒をいくつか入れておくのも面白いです。


化石や遺跡の発掘のように、ストローをさして見つけ出すと、どの色の所にあったのかで、実際の地層調査で年代が分かる事をイメージしやすくなります。

また、色粘土だとしゅうきょくや断層のモデルも作りやすいので、便利です。


学校のいろんな場所の砂や土で層を作っても面白いのです。




PVアクセスランキング にほんブログ村