授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

漢字でゲーム 画数

🔴漢字ゲーム1


学級活動でゲームをする時には、学習に繋がるものも取り入れています。


🔵画数ゲーム


①画数が二画の漢字

(答えは下にありますが見る前に考えてみてください)


②画数が三画の漢字


③画数が◯画の漢字

時間制限をして、1人で書きます。


それからペアやグループで出し合います。


そして、全体に発表してもらいます。


【答え】


画数が二画の漢字


二、七、八、九、十、人、入、力、刀、丁、又、了(常用漢字)


小学生ならこれまで書けたら充分です。


おとなでも意外に難しいでしょう?


乃、卜(人名漢字)


これ以外にもあります。


ちなみに三画の漢字だと六年生だと24個書けたら合格です。調べてみてくださいね。


国語のすきまの時間にしたら、休み時間になっても、ずっと考えたり、教科書で探したりしていました。




🔵口に二画足して漢字を作ろう


どんな漢字が出来ますか?


四角は、細長いのもオッケーです。



【答え】


目、田、白、四、右、石、古、兄、由、台、加、甲、申、句、司、史、号、囚、旦、占、旧、叶、只、叱、召、叩


他にもありますが、充分でしょう。

(叭・叺・叨・叮)

たったこれだけの事でも子どもの漢字への興味は高まります。


🔵漢字の画数で計算をする


木+川=4+3=7


頭×知=16×8=128

国語と算数をミックスした問題ができます。

このような問題を作らせて、グループでお互いに解き合う事で遊びながら、復習もできます。


🔵人偏、木偏などの部首のゲームも出来ますね。


漢字に興味が出てくれば、後は子どもは自分で調べ出します。


「漢字博士や〜❗️」


と認定してあげたらいいのです。




PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。