授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

目標を立てる 大谷翔平選手の目標シート

🔴目標をたてる 大谷翔平選手の目標シート


あけましておめでとうございます。

新しい年の始まりです。365分の1に過ぎない元日ですが、気持ちを新たにする事ができます。

🔶3学期の初め、子どもに今年の目標を書かせる事をされているかと思います。


🔶目標は、できるだけ具体的に書くように指導します。

🔶低学年はその子らしい目標でいいと思いますが、高学年はより具体的な内容を考えて書くことが必要だと思います。

🔶「漢字を頑張る」という漠然とした目標なら、実現するために細分化したより具体的ないくつかの目標を考えさせるのです。

🔶「漢字テストを90%以上得点を取る」という目標なら具体的ですね。

🔶その目標を達成するために、「漢字の練習を毎日15分する」「漢字ドリルを一日2ページする」という目標ならもっと具体的になります。

🔶達成できたかどうかが明確に分かるような中身を考える事です。

🔶達成できたら、また新たに次の目標を立てるようにします。

🔶3学期の始業式の日や次の日に目標を画用紙の短冊に目標を書いて掲示してスタートしてもいいですね。


🔶学級通信に全員の目標を掲載してあげるのもいいと思います。



🔶教師としての目標を立ててみることも同時に必要ですね。




🔵2018年、メジャーリーグに挑戦する大谷翔平選手は、高校時代、次のような目標シートに自分のこれからの目標を立てて、実行してきたそうです。

🔷一番真ん中には、最終到達目標を書きます。



🔷その周りには、その目標を達成するために細分化した目標を書いていきます。



🔷何をすれば、自分の夢に近づいていくのか、着実に努力してきた結果、誰も成し遂げていなかった凄い選手として成長したのだと思います。



🔷大谷選手のような大きな目標ではなくとも、誰もがそれぞれの目標があるかと思います。




🔷子どもたちにこんな目標シートを紹介して、書かせてみてもいいと思います。







PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。