授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

着任式で子どもの心をつかむ

🔴着任式で子どもの心をつかむ


🔶始業式の前に、新着任の挨拶ができる学校もあります。


🔶学校の子どもたちとの「出会い」の時間です。


🔶短くインパクトのある自己紹介をしましょう。


🔶これまで私がした挨拶の中から子どもに好評だったものを紹介します。


🔶始めに名前を言いません。話の前では覚えていないことの方が多いのです。


🔶子どもたちの記憶に残るような工夫をします。第一印象はとても大切です。


🔶「ドッジボールが好きな人?」と呼びかけ、手を挙げてもらう所から始めました。


🔶たくさんの子が手を挙げてくれます。


🔶「先生も大好きです!」と一言。


🔶「本を読むのが好きな人?」また、手を挙げてもらい、「先生も本が大好きです!」と一言だけ。


🔶最後に「ラーメンが好きな人?」と手を挙げてもらい、「先生もラーメン大好きです!」と一言。


🔶「これからみなさんの大好きな事を教えてくださいね」「私の名前は◯◯です」最後に名前を言うと学校のほとんどの子どもが覚えてくれました。


🔶好きな事は何でもいいのです。

🔶短く印象に残る挨拶として、記憶に残ったようです。


🔶その後の担任発表では好感度アップで歓迎してもらえました。また、廊下で他学年の子からもたくさん声をかけてくれました。


🔶短いのが一番です。そして、自分を覚えてもらえるような自己紹介を考えてしてください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。