授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

始業式の前日に

🔴始業式の前日に


◯黒板には、出席番号順に机の配置の形に名札マグネットを貼っておきます。


◯机や椅子、ロッカーに名札を貼っておくと、自分で座ることができます。


◯担任発表のある始業式の前に離任式や着任式があり、他の先生が面倒を見てくれる学校が多いかと思います。


◯担任発表後の教室での時間を少しでも確保するために、あらかじめ担当の先生に配布物などを紙に書いてお願いをしておくといいと思います。


◯連絡帳も書かせる時間がない場合があるので、学年だよりなどに載せておきます。


◯家庭からのお手紙が連絡帳にある場合だけ、そのページを開いてもらっておき、後で書けば良いようにしておきます。



◯黒板には、イラストや最近流行りの「黒板アート」で進級おめでとうのメッセージや詩を書いておきます。


◯持ち上がりの学年では、筆跡で分からないように、他の先生と交換をして「なぞの担任より」と書いた時もありました。


◯新しいクラス分けを廊下に貼って新教室に児童が入る学校と、旧学年の教室に入ってから、クラスを後で発表する学校があるので、ケースバイケースで対応する必要かあります。


◯どちらの場合も、担任発表があるまでに、出来るだけ子どもたちにしておくべき事を明示することが大切です。


◯始業式の職員朝礼は、着任の先生の挨拶などで長引くことがよくあります。


◯その間は子どもたちだけで教室にいるので、新学年の興奮でテンションが上がり、騒がしくなったり、ケンカが起きたりすることもあります。


◯その時間に何をしておくのかも、黒板に書いておくと、無用なトラブルを避けることができます。前学年のプリントやぬり絵、自己紹介カードを「自分の席で静かにしておきましょう」と一言書いておくだけでいいのです。




◯ほんの少しの準備で初日の過ごし方が変わります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。