授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

国語 作文の授業 原稿用紙の使い方

🔴国語 作文の授業 原稿用紙の使い方


◯作文を好きになってもらうことがまずは大切です。文章を書くことは楽しいと思ってもらうことです。


◯以前の記事で紹介しましたが、そのためには、書き方を教えること、楽しい題材を扱っていくことです。




◯日記や作文の指導の際には、あまり文法の間違いや字の丁寧さなどに重きを置くよりも、内容面を重視した方がいいとかと思います。


◯その上で、学年に応じて、文法的なことや原稿用紙の使い方など、 基礎的なことを授業として行うといいと思います。


①書き始めや段落の最初は、1マス空ける。


②会話文のカギカッコの始めは改行して一番最初のマスに書く。


③会話文のカギカッコの終わりは( 」)下を空けて改行して続きを書く。


◯これらのことを分かりやすいワークシートを作って、原稿用紙やノートに文章を書く時の決まりごとをしっかりと何度も押さえていくことが必要です。


◯いろんなパターンのプリントを行うことで、少しずつ習得していくことができます。



◯個別のノート指導だけではなかなか定着が難しいので、こうした作文指導の授業を時折入れていくと効果的です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。