授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

算数ゲーム ナンバー20

🔴算数ゲーム ナンバー20


◯交代で1から数を言っていき、20を言ってしまった方が負けになります。


◯数字は3つまで言うことができます。例えば先攻が「1.2」なら後攻が「3.4.5」というように続けて数字を言っていきます。


◯ご存知の方も多いかと思いますが、必勝法があります。


◯それを子どもに考えさせるのです。


◯何度か「教師VS子ども」でやってみます。


◯ゲームのやり方が分かれば、グループで先攻と後攻を交代して何度か勝負をさせます。


◯そして、最後に20を言わないためにはどうすればいいのかをグループで考えさせるのです。


◯プリントに1から20までの数字を書かせます。


◯勝つためには19を自分が取らなければならないことは、気がつくはずです。


◯そして19を取るためには、15を自分が取らなければなりません。


◯15を取るためには、11を取る必要があります。


◯11を取るためには、7を取らなければならないわけです。


◯そして7を取るためには、3を取る必要があります。


◯3を取るためには、先攻を取る必要があります。先攻なら、「1.2.3」と言えば、後は「7.11.15.19」を取ることで必ず勝つことができます。


◯相手が必勝法を知らなければ、後攻でも勝つことができます。


◯グループで必勝法を発見したら、他のグループと対決させると盛り上がります。


◯まだ見つけてないグループは、悔しがって発見しようと懸命になって考えます。


◯見つけたグループには「1から50まで」とか、「4つまで言うことができる」というルールでも必勝法を見つけられるか考えさせるといいかと思います。




◯ゲームを通して論理的な思考を鍛えることができます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。