授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

相槌の大切さ 聴く力 その4

🔴相槌の大切さ 聴く力 その4


前回、「うなずくことの大切さ」について書きました。


相槌も同じように大切です。


🔵あるお店に行った時


若い人が応対してくれました。


その相槌の仕方が気になりました。


「〜〜なんです」


という私の話に対する相槌が


「うん」

「ふんふん」


「なるほど」


なのです。


他の説明はきちんとした敬語で話されていました。


でも、相槌は、無意識に使っているのでしょう。


お客や年上の人に対する相槌ではないことに気がついていないのでしょうね。


結果、他の店で同じ商品を購入しました。



🔴保護者や地域の方と話をされる時、自分の相槌を意識してみてください。


また、子どもたちの話に相槌をうつ場合もそうです。同じ言葉ばかりで相槌をうっていると機械的に聞こえ、本当に聴いてくれているのか心配になります。


相槌で感情も伝わります。

「ほう〜❗️」

「なるほど〜」

「そうかぁ〜」

「いいですね〜」


⭐️ステキな先生は、表情豊かにここというタイミングで相槌をしているので、子どもたちもしっかりと伝えたいという気持ちにどんどんなっていきます。



PVアクセスランキング にほんブログ村

うなずくこと 聴く力 その3

🔴うなずくことの大切さ 聴く力3




昨日の毎日新聞に北海道大学の認知心理学の実験が掲載されていました。




人と対面した時、うなずくだけで好感度のポイントが最大で40%アップすることが実験で確認されたそうです。




発表した河原准教授は「人は動作を含めて人の印象を判断している。うなずくことは良い評価に結びつきやすいので、普段の生活でも積極的に行ってほしい」と話されています。




⭐️以前、「聴く力 その1」で「聴き方あいうえお」「聴き方名人」について書きました。

先生が子どもの話をうなずきながら聴くということが大切だとお伝えしました。




今回、実験でも証明されたことで、うなずくことの大切さをさらに意識して子どもたちに接してほしいと思います。



子どもの話にうなずいていますか?




子どもたちが友だちや先生の話をうなずいて聴いていますか?





研究授業などでいろんな授業を見せてもらいます。



先生と子どもたちがお互いにうなずいて聴き合っているクラスは、とてもステキな授業になっています。




🔴うなずきは、共感・同意 ・傾聴を表す行動です。




親や先生がうなずいていると、子どももうなずくようになってきます。




まずは、おとながお手本を示すことが大事ですね。







PVアクセスランキング にほんブログ村

国語 日記•作文指導5 題材について

🔴国語 日記•作文指導5 題材について



🔶日記を書かせて、丁寧に赤ペンで返事を書いてあげている先生も多いかと思います。




🔶子どもたちはどんな題材を書いていますか?



どこかに遊びに連れて行ってもらったことや、サッカーの試合やピアノの発表会のこと、ゲームをして遊んだことなどをよく書いているのではありませんか?


🔶もちろんそんな日記もいいのですが、何を題材に選んで書くかを指導する事で、日記の中身がグンと変わってきます。




🔶自分の生活や暮らし、家族のことを見つめ、考えて書けるようになってきます。



🔶こうした題材指導は、国語の授業で教えるのです。


🔶題材は、学校や家庭での生活の中にあります。日常のくらしの中にこそ、書くべき題材はあることを子どもたちに伝えていくのです。


🔶書くことで自分のくらしを考えさせるのです。


そこに成長が生まれます。


①自分を見つめる



努力したこと

「初めて逆上がりが出来た❗️」



悔しかったこと

「ドッジボールで全然ボールがまわってこなかった」



さみしかったこと

「家で一人でずっと留守番していた」



失敗したこと、成長したこと、うれしくてたまらなかったこと



②家族を見つめる



心配していること

「赤ちゃんが入院した、大丈夫かなぁ」


「お兄ちゃん、最近元気ないけどどうしたのかなぁ」



嬉しかったこと

「お父さんが単身赴任から久しぶりに家に帰ってきた❗️」


「お母さんに本を読んでもらいながら寝た」




安心したこと、悲しかったこと、イライラしたこと、感謝していること



③友だちを見つめる



友の優しさや頑張りや良さ


「Aさんが困ってる時、そっと助けていたBさんってすごいなぁ」


「Cくんは苦手な漢字めっちゃがんばってたなぁ」


「Dくんっていつも面白いギャグで笑わせてくれる❗️」




④自然を見つめる



「ありが大きなバッタを運んでいた。すごいなぁ」


「台風の風が強くて、こわかった」


「田んぼに大きな鳥がいたけど名前は何だろう」




⑤社会を見つめる



「テレビでこんなニュースを見たけどどうなるのかなぁ」


「近くで交通事故があったけど大丈夫かなぁ」



🔶自分につながることだからこそ、書いて考えるのです。



🔶その中で「値打ちのある」題材を考えさせるのです。



🔶自分にしか書けないこと、今書いておくべきことを。




🔶「日記を書く時、悩むよね。でもどこか行ったことだけを書くのではなくて、大事なことをまず書くんだよ。いつもと少し違うことがあった時、その事を書こうね」


と伝えていきます。




🔶「あ母さんが熱が出てしんどくて寝込んでいる事と、ゲームをして楽しかった事、どちらが大事なこと❓」


と問うと、子どもたちも



「ぜったいにお母さんのこと」


と答えてくれます。



🔶また、いつもと少し違ったこと



「毎日夕食を食べているけど、その日は、妹のほっぺたにごはんつぶがついてて、取ってあげたら、お兄ちゃんありがとうと言ってくれた。そんな小さな事でもいいんだよ」



と伝えると、だんだん題材をくらしの中から探す力がついてきます。







PVアクセスランキング にほんブログ村