授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

間違いは消さない

🔴間違いは消さない


テストやプリントの間違いを直す時


⭐️消しゴムで消さない


なぜ間違ったのかが分かるように残しておく方が大切なのです。


「間違いは宝物」


学習の合言葉にします。


誤答をしっかりと残して、どんな間違い方をしたのかを考えることが大事です。


特にテストは、する事よりも、点数という結果よりも、間違い直しの方が大切です。


間違い直しでは、誤答を消さずに赤鉛筆で新しい解答を書かせます。


それがまた間違いなら、今度は青鉛筆で直して書いていきます。


高学年なら、なぜその間違いをしたのか、書かせるといいと思います。


正解した問題よりも、間違った問題を大切にするためにも、消さずに残して、やり直しをするのです。


⭐️ある方のブログにイタリアの学校事情について興味深い記事が書かれていました。


「イタリアでは、子どもの頃からノートは、ボールペンで書きます。間違えたら?二重線で消すそうです」


「すなわち、間違えた経緯も提出するのです。間違えであっても自分が書いたものに責任を取り、書くからには、慎重に確認し実行しなさいということ」

(記事の一部を要約)


✅調べてみると、イタリアだけでなくフランスでも小学校で、ボールペンや万年筆を使っているようです。


✅1年生や2年生は鉛筆を使っているようですが、小学校3年生ぐらいからは、ノートにはボールペンで書いています。


✅確かに、インクで書けば消せないので、できるだけ丁寧に書くように気をつけることになります。


✅さらに、書いた内容を消させないことで、思考のプロセスが記録されることになり、子どもの学習状況を把握できるという事です。




🔴日本でも筆と墨を使っていた時には同じ考えの指導だったと思います。


鉛筆ではなく、ペンを使ってノートを書く事も取り入れてみてはと思うキッカケを与えてくれたブログの記事でした。


🔵小学校では、シャーペンではなく鉛筆を使わせる指導が、一般的です。


筆圧を調整して書ける事と文字を上手に書くために鉛筆の方が適しているからです。


しかし、よく考えてみると、おとなになれば鉛筆はほとんど使いません。


高学年では、ボールペンを使って書く事を取り入れてみてはどうでしょうか?

PVアクセスランキング にほんブログ村

漢字カード 漢字カルタ

🔴漢字カード 漢字カルタ

小学校で学ぶ教育漢字の数は1006字です。


「学年別漢字配当表」では、

1年生は80字


2年生は160字


3年生は200字


4年生は200字


5年生は185字


6年生が181字

となっています。



授業日数を考えて、新出漢字を学習していかないと間に合いません。


漢字ドリルや漢字ノートを使った学習は、ほとんどの学校でされています。


習得するためには最もベーシックな方法です。



毎日少しずつ漢字を教えていく事も大切ですが、習得させるためには、


🔴「漢字カード」

を作成するのが効果的です。


◯厚紙か画用紙に新出漢字を書く


*パンチで穴を開け、リングを通す


*大きめの単語帳ならなお良い


◯裏面には、音読み・訓読み・部首・画数・熟語などを書く

◯両面に名前と番号を書く


🔵習う度に作るか、学期初めにまとめて作る。

【活用例】

①単語帳のようにめくりながら、「読み方」「書き方」「熟語」などを覚える。


*「書き方」は空書きをする


*覚えているかどうか、ノートに書く


②ペアで問題を出し合う。


③机の上にバラバラに置き、カルタのように取る。


④トランプのように束にした中から3枚選び、その漢字で文を作る。


この漢字カードをいつも机の中に入れておくと、隙間の時間でも漢字の習熟に使えます。


特に漢字の読みに有効です。


いろんなアレンジをして遊びながら覚えることが出来ます。


学年の漢字だけでなく、これまでに習った漢字カードを作成するのもいいと思います。



子どもはイラストを描いたりして楽しんで作ります。



作るだけでも勉強になっています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

学期末の授業 復習

学期末の授業 復習


2学期の学習もそろそろ終わっている頃でしょうか?


残り少ない時間をどう活用していますか?


🔴教科の復習の時間として活用する


復習の方法


①プリントで2学期の復習をする

②各教科の教科書をもう一度読む

③ノートに要点をもう一度まとめる

④苦手な単元を選択して、その問題のプリントを各自選んでする

⑤各教科の問題を自分で作成して、友達同士で解き合う



⭐️特にこの⑤、習った事を組み合わせて、問題を作成するというのは、とても力がつきます。



低学年では文章の問題を作るのは少し難しいですが、高学年であれば考えられます。




基本問題→応用問題→発展問題など、3つの問題を各教科で作り、解き合うのです。




苦手な子は基本問題を選んでいいのです。




得意な子は友達の作った発展問題にチャレンジしていいのです。




文章を工夫したり、複雑にしたりして、友達が手こずるような問題を作成し合うのです。




算数であれば、小数と分数を使った単位あたりの文章題を作成する事も出来るはずです。




もちろん、作成したからには、自分でも解答例を書かせて、採点もその子にさせるのです。




🔴重要な事は、苦手な子が困っていたら、「問題作成者」の子は全力で手助けをするという事を最初に徹底しておかねばなりません。




🔴自分で作った問題を分かりやすく説明もする事も大切です。




算数だけでなく、どの科目も教科書の内容からアレンジして作成する事をさせると、単なる復習ではなく、意欲を持ってチャレンジすることができます。





🔴教師主導で復習するよりも、子どもに選択させ、自分が理解していない所や不十分だと思う所をさせる方が効果があります。


🔵全体での一斉授業で復習するよりもグループにして、苦手な所を聴き合い、学び合う時間にして、教師はアドバイスに回るという形をとって復習をしていきます。


🔵各単元のテストで間違えていた所をもう一度ノートにやり直してみるのもいいと思います。


⭐️各単元を振り返り、もっと追求したい事を書き出してみるのもいいですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村