授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

学級活動 ゲーム7 古今東西

🔴学級活動 ゲーム7 古今東西

◯どの学年でも楽しめるゲームの一つです。ルールは「山の手線ゲーム」と同じです。


◯お題を決めて、順番に言葉を言っていくゲームです。例えば「昆虫」をお題にすると、「バッタ」「カマキリ」「アリ」と交代で言っていきます。

◯お題は学年に応じて出していけば、いいかと思います。魚、鳥、植物、動物、歴史上の人物、都道府県名、木偏の漢字、算数の単位など、学習に関係するテーマにすると、単なる遊びではなく、勉強にもなります。

◯1年生なら、小さい「っ」のつく言葉(促音)や小さい「ゃ」のつく言葉(拗音)や「ん」が2つつく言葉(にんじんなど)をお題にするといいでしょう。

◯ルールが分かるとグループでさせます。紙に書いていってもいいですね。時間内にどれだけ書けるかを勝負にしてもいいでしょう。

◯全体でする場合は、グループから1人ずつ出てきて前に並び、リズムに合わせて言葉を言っていく方法でもいいでしょう。

◯全体ですると待つ時間が長くなるので、グループでしたり、アウトになった子も楽しめるようにルールを工夫して行うといいですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

学級活動 肝試し大会

🔴学級活動 肝試し大会

◯学期末などのお楽しみ会で「肝試し」を学校でしています。

◯理科室などの教室を暗幕カーテンで真っ暗にします。人体の骨格標本や内臓標本をいくつか並べておきます。

◯机の上に紙と鉛筆を置いておき、名前を書いてくるだけです。

◯子どもたちは怖い話が大好きです。「怪談」の本も図書室では人気がありますね。

◯最初に教室で「怖い話」をします。気をつけることはあまりに怖すぎる話をしないことです。以前の記事でも書きましたが、怖すぎる肝試しは禁物です。



◯怖い子は、耳をふさいでおいてもいいよと言っておきます。

◯そして、順番に理科室に「勇気試し」にチャレンジしていきます。1人でもいいし、ペアで行ってもいいことにします。時間もかかるので、ペアで行かす方がいいかと思います。



◯もう一つ配慮すべきことがありました。本当に怖くて嫌な子には無理に行かなくていいよとしておかないといけません。


◯待っている間や帰ってきたら、作文ノートに「勇気試し大会」をテーマに作文を書かせます。

◯作文が苦手な子も喜んで書いています。


◯理科室で驚かし役に先生が行ってもいいのですが、待っている子どもたちは興奮状態になるので、教室で仕事をしながら、様子を見ておいた方がいいかと思います。

◯全員が終わったら、名前を書いた紙を見て、丁寧に書いている子を褒めてあげます。

◯「怖い中で落ち着いて丁寧に名前を書いた子は本当の勇気があるね〜」と言ってあげるといいでしょう。

◯準備も時間もかからずに、楽しみながら作文の力もつけられるので、学級末のお楽しみ会の一つに取り入れてみられてはどうでしょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

1学期末の授業

🔴1学期末の授業

◯1学期もあと少しの時期、どんな授業をされていますか?

◯私も若い頃、教科の単元が終わらず、テストをギリギリにしていたことがあります。

◯計画の見通しを立てておくと、早めに終わって、復習や習熟の時間に当てることができてきます。

◯また、次の学期の単元を前倒しにして学習しておいてもいいのです。

◯3年生では、国語は漢字の復習や、おすすめの本の紹介カード作りやローマ字の単元を前倒しで実施しています。

◯算数は、各単元の復習や2学期の大きな数の単元を前倒しして授業しています。

◯理科は、2学期始めの昆虫の観察の単元を前倒しして、涼しいパソコンルームで、映像を使って授業をしたり、昆虫カードを作ったりしています。

◯社会科は、復習をしたり、買い物調べを前倒しして行ったりしています。

◯2学期は、運動会などの行事で授業が進みにくいことがあるので、少しだけしておくのです。


◯学習は一旦進んでから、またフィードバックして復習する方が理解もしやすくなります。

PVアクセスランキング にほんブログ村