授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

3年生 社会 店で働く人たち②

🔴3年生 社会 店で働く人たち②


◯教科書にはスーパーマーケットで買い物をしている人や働いている人の様子、いろんな商品が並んでいる棚などが描かれた大きな絵が掲載されています。


◯この絵から見つけたことを出し合い、考えることはたくさんあります。




◯スーパーで働く人たちはどんな仕事をしているのか、絵から探すことができます。


◯レジを打っている人、棚に商品を補充している人、買い物カートを並べている人、魚をさばく人など様々な仕事をしている人たちがいることに気づきます。


◯お客さんも、ベビーカーを押した親子、お年寄りや車椅子に乗った人がいることにも気づきます。


◯「やさい」という看板も遠くから見やすいように高い所にあることにも気づいていきます。


◯また、バックヤードに停まっているトラックや店の入り口などの絵からも様々な気づきがあるはずです。


◯グループで相談し気づいたことをクラス全体で出し合い共有しながら進めていきます。

◯疑問に思ったことや分からないこともたくさん出して、産地調べやスーパーマーケットの見学につなげていくのです。

◯教科書ではスーパーマーケットが例に挙げられていますが、コンビニを教材にしてもいいかと思います。

◯スーパーより小さな面積のコンビニがどんな工夫をしているのかを考えます。

◯お客さんの動線を考えた棚の配置、品揃え、店員さんの仕事など、スーパーと比較しながら、コンビニについて考えていくとより違いが明確になってきます。


◯授業参観でしても面白いかと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

3年生 社会 店で働く人たち①

🔴3年生 社会 店で働く人たち①


◯「まちで働く人たち」の大単元の中に「店で働く人たち」の単元があります。


◯まず、自分たちのまちにはどんなお店があるのか、知っていることを出し合う所から始めます。


◯グループで相談しながら、ワークシートやノートに知っているお店を書き出します。


◯そして、グループで出たお店を全体の場に発表していき、板書をして共有化します。


◯次は、たくさん出てきたお店を種類ごとに分けていきます。コンビニ・スーパー・ドラッグストア・専門店・ショッピングモールなどに分けて、まとめていきます。


◯まちの白地図に店の種類ごとに色分けして記入していくこともできます。


◯また、食料品・日用品・衣料品・電気製品など、品物別に分類することもできます。

◯白地図を見て気づいたことや疑問を出し合います。「まちのどこに多いのか?」「広い道沿いに大きな店が多い」などの意見が出てきます。


◯夏休みなど事前に「買い物調べ」を宿題にして、どの店でどんな品物を買っているのかを調べておくと、学習がスムーズにできます。

図工 自分の写真でアートの世界

🔴図工 自分の写真でアートの世界


◯どんな「世界」に自分が行ってみたいか、こんなことが出来たらいいなということを考えさせます。


◯「海底」「宇宙」「ジャングル」「ミクロの世界」「お花畑」「恐竜時代」「戦国時代」「未来」「動物ランド」など自分が行ってみたい「世界」を想像します。


◯また、「人魚になる」「宇宙人を倒す」「虎の背中に乗る」「アリの巣の中に入る」「花の中で暮らす」「恐竜と遊ぶ」などの様々なやってみたいことを具体的にイメージさせます。


◯その世界の中で自分がどんなことをしているのかを、簡単に下書きをします。


◯絵の中でどんなポーズにするのかを考えさせて、写真を撮りプリントアウトします。


◯写真を切り抜いたものを画用紙に置き、形を取ります。写真を貼っておいてもいいのですが、写真が絵の具で汚れてしまう可能性もあります。


◯そして、画用紙に絵の具やクレヨンで絵を描いていきます。



◯例えば、「恐竜と遊ぶ自分」なら、大きな恐竜を描き、その背中を滑り台にして遊んでいる自分の写真を貼り付けて作品にするのです。


◯周りには太古の昔の植物や他の恐竜を描いたらいいのです。


◯「怪獣と闘う自分」なら、ビームを出しているポーズの写真を貼って、絵の具で怪獣や光線を描いていくのです。


◯子どもが想像した世界を自由に表現させることができます。


◯先に写真を貼ってから絵を描くか、後で写真を貼るのがいいかは、作品によって違うかと思います。


◯写真の大きさや角度を調節するのは、少し手間がかかりますが、写真と絵をミックスしたオリジナルな作品が出来上がります。



◯高学年なら雑誌などからいろんな写真を切り抜いてコラージュした作品に仕上げることも可能だと思います。