授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

家庭訪問

🔴家庭訪問


◯家庭訪問ではおうちでの様子を中心に聴かせてもらうことを事前に学年便りや学級通信などでお願いをしておきます。


◯まだ学年初めでは学校での様子を詳しくは伝えられないからです。


◯また、お子さんの良い所を教えてくださいとお願いをしておくことです。


◯そして、お子さんの小さな頃の写真を数枚ご用意して見せてくださいとお願いしておきます。


◯子どもの赤ちゃんの頃の写真を見ながら、成長してきた間の悩みや喜びを聴かせてもらいます。


◯赤ちゃんの頃の写真を間にお話を聴くことで和やかに会話することができ、これまでの様々な思いを知ることができるのです。


◯年度当初の家庭訪問は、時間も限られています。顔合わせぐらいにしか出来ないことが多いかと思います。


◯大切なのはその後です。若い頃、先輩の先生に教えられたのは、連絡帳や電話で済ますのではなく、直接顔を見て話を聴くために家庭に足を運ぶことが大事だということでした。何度も家庭訪問をすることなのです。

◯学校では見えない子ども姿を知るために靴が擦り減るまで足を運ぶことだと。

◯「靴べらしの教育」という言葉があるぐらい、家庭に足を運んで家庭とつながることを教えられました。

◯また「教育」とは、「今日行く」ことなのだと。

◯定期の家庭訪問はそのスタートなのです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

間違いや失敗を出せる学級に①

🔴間違いや失敗を出せる学級に①


◯子どもが発言しにくい状況はどんな所から生まれてくると思いますか?


◯それは友だちの失敗や間違いを周りの子がバカにして笑ったり、余計な一言を言ったりする雰囲気から生まれてきます。


◯友だちの失敗や間違いをバカにすることを絶対に許さないことを最初に伝えることが大切です。


◯また、子どもの発言に対して、先生がどんな言葉を使っているかによっても変わってきます。


◯先生が求める内容と違う発言の時に「他にありませんか?」と返してしまうと「正解ではなかったのだな」という暗黙のメッセージを送っているのと同じで、間違いたくないという空気になってしまうのです。


◯間違いの中にこそ本質があることを教員は理解しておかなければなりません。


◯「なるほど〜どう考えたのか、教えてくれる?」と思考の過程を聴くことが大切なのです。


◯そのうえで「Aさんの意見をみんなで考えてみましょう。ベアで聴きあってごらん」と子どもに返していくのです。


◯そしてペアで相談した意見を出してもらう中で気づきをしていくのです。


◯「Aさんの意見のおかげでより深くみんなが考える事ができたね!Aさんありがとう」といつも返していく事で少しずつ空気が変化していくのです。


◯間違いや分からない事を出せる学級にするために、あらゆる手立てを講じていくのです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ノート指導② 視写のススメ

🔴ノート指導② 視写のススメ


◯たいていの国語の教科書は、最初のページに詩が掲載されています。


◯詩を音読して声をみんなで出すことから始められるようになっています。


◯音読だけで終わってもいいのですが、2〜4年生ぐらいまでなら、視写をさせてもいいかと思います。


◯ノートに丁寧に書くことを最初に指導しておくことが今後につながります。

◯子どもの国語ノートをコピーして、詩を書きます。

◯その見本通りにマスを意識して書くように伝えます。


◯見本があってもその通りに書けない子も多いと思います。1行ずれたり、1マス抜けたりしてしまいます。

◯クラスの中で正確に書けている子は、20%ぐらいでした。




◯それでも最初にこの視写をしておくことで丁寧に書く意識をつけることができます。


◯詩を視写するだけでなく、作文を視写させるとカギ括弧の使い方や句読点の位置などを確認することも出来るし、どんなふうに日記や作文を書けばいいのかもイメージしやすくなります。


◯国語だけでなく、どの教科もノート指導の初めに視写をさせるとどう書くのが分かりやすいはずです。


◯算数でも式と答えの書き方や筆算の書き方を丁寧に指導できます。

PVアクセスランキング にほんブログ村