授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

ハテナ❓を考える授業 その3アクティブラーニング

ハテナ❓を考える授業 その3



ハテナ❓を大事にしていくことは、子どもたちが自ら課題を見つけ解決していく力の土台になります。



アクティブ・ラーニングの基礎となる力です。



ハテナ❓を作るトレーニングを授業でやります。



一つの言葉、モノや写真からできるだけたくさんの疑問、ハテナ❓を考える授業です。



例えば、「鉛筆」

・なぜ鉛筆というの?

・材料は?

・日本では一年間に何本作っているのか?

・クラスの子の鉛筆の平均の長さは?

・なぜ丸いのと六角形のがあるのか?



*「一本の鉛筆から」という絵本が国語の教材にもなっていますね。


グループで考えるとたくさん出てきます。



お題は学年に応じてやります。

「電信柱」「回転寿司」「りんご」「ドライアイス」……



遊び感覚でハテナ❓を考えたら、今度はそれを活かして、各教科の時に使います。



特に社会科などに効果的です。



5年生では産業のことを学習しますが、お寿司のハテナ❓から水産業のことが見えてきますね。1匹のマグロから何皿取れるのかな?マグロを海でとってから、食べるまで何日かかって、どんな行程があるのか?などいっぱい出てくるでしょうね。



4年生では、水道やゴミ処理、消防や警察の仕事を学習しますが、それこそハテナ❓はいっぱい出てくるでしょう。まず、単元の最初に考え、学習を進めていくと、さらに追求したいハテナ❓も出てきます。



3年生では自分たちの町のことを学習しますが、その中で、「だれもが安心して、しあわせにくらせる町に」という言葉から考えました。



・だれもがって?

・安心してってどういうこと?

・しあわせにって?

・私たちの町はそうなってるの?

・昔はどんな町だったのかな?



与えるのではなく、子どもから出てきた課題をもとに学習を組み立てることで問題意識が高くなります。



このように課題を見つけるところからスタートして、問題解決ができるよう教師は支援していけばいいと思っています。




PVアクセスランキング にほんブログ村

ハテナ❓を大事にする授業 その2読みが深まる

ハテナ❓を大事にする授業 その2



どの教科の授業でも まず分からないことや疑問に思ったことを出し合います。


簡単な言葉でもその子にとって意味が分からなければ、授業にはついていけません。だからこそ、

「どこか分かりにくい所ない?」

から始めたいのです。



小学校3年の国語に新美南吉の「手ぶくろを買いに」という教材があります。



こぎつねが手ぶくろを帽子屋に買いに行く話ですが、ある子が、

「どうして手ぶくろなのに帽子屋さんに行くのかな」

と疑問を出してくれました。



経験が少ない子どもにとっては不思議だったのでしょう。



私はそんなハテナ❓が出てくるとは思いもしませんでした。



この授業は子どもたちだけで進めていましたので、「みんなはどう思いますか?」というその子の問いかけに、懸命にグループで聴き合っています。



そうして子どもたちから出てきたのが、

「手ぶくろ屋さんは見たことないけど、イオンに帽子屋さんがある。手ぶくろも毛糸で出来てるがあるし、帽子も毛糸で出来てるのがあるから、帽子屋に手ぶくろも売ってると思う」

という意見でした。



もし、ハテナ❓を出させていなかったら、その子は疑問を持ったまま、読んでいたはずです。



また、「サーカスのライオン」という国語の教材に

「いらっしゃい、いらっしゃい、入り口はこちら、オーラ、オーラ、お帰りの人はこっちだよ」

という一文があります。



出てきたハテナ❓の中に

「なぜ、入り口と言ってるのに、お帰りの人はと言ってるの?」

という疑問が出ました。



私はすっと読み飛ばしていましたが、この子は丁寧に文に言葉を読んでいたのです。



このハテナ❓もペアで考えてもらいました。そして、出てきたのが、

「次のサーカスが始まるから、今から入る人と、さっきのサーカスが終わって帰る人がいるから、混まないようになっている」

ということでした。



どちらの例も本文のメインの所ではありませんが、こうして子どものハテナ❓を大事にしていくことで、読みが丁寧に深くなっていきます。



PVアクセスランキング にほんブログ村

ハテナ❓ を大事にする授業 その1学びの共同体

「この問題分かる人?」



と聞いて、手を挙げて理解している子を指名して進めると分からない子は置いてけぼりです。





また、

「分かりましたか?」

と教師が聞くと

「はい」

と答えるしか子どもはできません。



分かったふりをさせるのが一番かなしいと思っています。



問題を出した時は、分からないことをメインに進めています。


「何か質問はありませんか?」


「どこか分かりにくい所ありませんか?」


「もう少し説明が聞きたい人は?」


という尋ね方だと、そっと手が上がるはずです。



そのうえで、

「どこが分かりにくいのかな」

と聞き、困っている所やつまづいている所を引き出します。



「ではその困っていることをみんなで解決していこう」


という形で自分の考えを説明してもらいます。




すると、自分では理解していたと思っていたけれどうまく説明できなかったり、他の子の疑問に気づいてなるほどと感じたりすることが出てきます。



「なぜ?」「どうして?」というハテナ❓疑問は大事なんだよ。



そのうえで、

「なるほど〜!」「あ!」「分かった!」という❗️発見があるんだよ。


と繰り返し伝えます。


「ここが分からない」

「うーん、どういうこと?」

と言ってくれたら、即座にほめます。

「今、いいハテナ❓が出てきたね〜」

さあ、ベアやグループでどういうことか考えてみようとみんなに返していきます。



授業を通して、学級づくりを行うのです。


PVアクセスランキング にほんブログ村