授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

3年生 算数 筆算 ジャンプ問題

🔴3年生 算数 筆算 ジャンプ問題


◯3桁や4桁の筆算の学習は、習熟はもちろん必要ですが、それだけでは思考力は鍛えられません。


◯すぐには解けないような文章題を出します。ペアやグループで問題の意味を考えながら、筆算を使って解く活動を入れるのです。


◯これまでに数字カードを使った問題を紹介しましたが、「学び合い」では、「ジャンプ」の問題にチャレンジさせる事で力をつけていきます。


🔴「ちょうど1000円」

◯食堂に食事に行きました。持っていたお金が1000円だったので、メニューの中からちょうど1000円になるように3品注文しました。何を注文したのでしょうか?注文したものの番号を小さな順に答えましょう。

メニュー

①ラーメン525円

②カレーライス420円

③カツどん685円

④すし840円

⑤フルーツ350円

⑥サラダ210円

⑦みそ汁105円

⑧つけもの75円

というような問題です。

◯文章をよく読まないと出来ません。また、筆算を何度もしないとちょうど1000円にはなりません。

◯ペアで考えて、プリントの余白にたくさんの筆算をして解いていました。

◯普段は授業に集中できにくい子のペアが一番先に答えを見つけました。

◯難しい問題だよという言葉に興味を持ってくれたのかもしれません。

◯「ペアで考えても分からなかったらヒントをあげるからおいで」と言っても、ほとんど来ませんでした。

◯自分たちで何とか解きたいと考えたのだと思います。

◯かなり困っていたペアには「△は注文するよ」とだけヒントをあげると「出来た!」とうれしそうに伝えにきました。

◯見つけたペアには、教科書の筆算の練習問題をしましょうと言うと、懸命にやっていました。

◯練習問題をクリアした子らには「筆算マスター」赤ペンで書いてあげるとガッツポーズをしていました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。