授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

算数 数字カードの活用法 3桁のたし算

🔴数字カードの活用法 3桁のたし算


🔶これまで数字カードを使った算数の授業をいくつか紹介しました。


🔶今回は、数字カードを使ったたし算の筆算の問題です。


🔵1から9までの9枚の数字カードを1枚ずつ全部使って、3桁+3桁=3桁の筆算を作りましょう。


🔶カードを並べながら考えます。カードを使わずにノートに書いてもできますが、何度もやり直しが必要になるので、カードの方がやりやすいのです。

🔶🔲🔲🔲+🔲🔲🔲=🔲🔲🔲

🔶どんな数を入れたら、この式がぴったりになるでしょう?


🔶同じ数は使えません。


🔶3年生で3桁のたし算の筆算を学習するので、3年生以上ならチャレンジできるジャンプ問題です。


🔶3年生の子どもたちも、ペアで相談しながらたくさんのパターンを見つけることができました。


「あれ、これは出来ないなぁ〜」


「もうちょっとやのに、もう2は使えないからあかんわぁ」


🔶プリントで筆算の問題をたくさんするよりも、何度も並べて計算をすることになり、自然と筆算の習熟練習にもなっています。


🔶暗算力もついてきます。


🔴一番大きな答えを見つけよう。


🔴一番小さな答えを見つけよう。


🔴何通りあるか、たくさん探してみよう。


🔶計算が苦手な子もペアでがんばっていました。


🔶普段はあまりやる気を出さない子が一番大きな答えを見つけて、みんなから「すごい〜!」と言われて、チャイムがなり休み時間に「先生〜めっちゃ面白かった〜次の時間もやりたい〜!」と伝えに来たぐらいです。



🔴学級通信にもその時の授業の様子や日記を載せて紹介をしました。保護者の方にもどんな学習をしているかを伝えています。



🔵高学年でも解くのに苦労するはずです。一度やってみてはいかがでしょう。


⭐︎ちなみに一番大きな答えになるのは、 746+235=981です。



PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。