授業力アップ 学級経営の話

現職の小学校教員30年の経験から学んできたことを紹介します。
授業力や学級経営について参考になれば幸いです。

国語 作文指導 その4

国語 作文指導 その4


書き出しについて


今回は、「作文の書き出し」最初の文をどう書いたらいいのか?を紹介します。


例えば、

運動会の作文なら、



「今日、運動会がありました。」という書き出しは、続きを書く時に悩んでしまいます。


そして、結局



「最初に開会式がありました。次に5年生のリレーがありました。それから、3年生のダンスを見ました。・・・」


というように書いてしまうことがよくあります。



その3でも紹介したように、一番書きたい場面に絞って書くように指導します。


リレーのことが一番心に残ったのなら、リレーの場面だけを書くのです。



さらにリレーの中で一番書きたい所から書き出すのです。



「ドキドキドキ」

心臓が飛び出してきそうでした。

アキラくんが一番先頭で走ってきました。

「はやく!はやく!」

と私は大きな声で叫んでいました。

アキラくんは、苦しそうな顔でバトンを持った手を伸ばして、

「たのんだぞ!」

と言ったので・・・

というように書いていくのです。



この2つの作文をプリントにして配布して、考えさせることでだんだんと表現が変わってきます。


作文の授業で行うのです。





まずは、会話文が書けるようにすることです。場面を具体的に描写できるようになります。


したこと・思ったこと中心の作文よりも、聴いたこと・話したこと中心の作文をまずは、書けるようにするのです。


そのために、初歩の段階では会話文や聞こえた音から書き始めるのです。



PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。